読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サビねこの足跡

とあるアドレリアンの軌跡

クリぼっち

ってこの時期の鉄板自虐ネタとして日本では定着しつつあると思うのですが、これは日本人の持つ民族特有の自虐性が生んだものなのか、人類が普遍的にもつ〝孤独に対する恐怖、寂しさ〟の感覚によるもの(つまり世界でもある程度は共感されるということですね)か 一体どちらなんでしょう?

僕のイメージの中で全体的に独立志向が強くあまりそういう感覚を持ち合わせていなさそうな(もしくは持っていてもあまり表に出さない、意識していない)アメリカ人(もっとも藤原正彦さんの渡米に関する著書なんかを読むと日本人のアメリカ人に対するこういうイメージは今現在ではなくベトナム戦争以前の彼らを表している気もするんですが、)のOLが一言、

「今日は仕事を早く切り上げられそうだから、今夜はクリスマスムードに浸りつつ家を広々と使ってゆっくりと休めるわ!まあ「広々」と感じるのは単に私の家が大きいから、だけじゃないんだけどね!ニコッ(自虐風笑み)」


、、、うんあまり違和感ねえんだよなあ(笑)