読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サビねこの足跡

とあるアドレリアンの軌跡

アドレリアンの歩み ー2ヶ月がたってー

岸見一郎・古賀史健 共著「嫌われる勇気」、「幸せになる勇気」を読んで衝撃を受け、「勇気を持ち続け幸せになるライフスタイル」を選択しようと決意して2ヶ月がたった。


・・・厳しい。難しい。辛い。


実践しようとすればするほど、自己を受容し自らの行動を合理的に検証すればするほどいかに自分が臆病な人間であるかが分かる。まずは知るところから、と考えれば大きな進歩ではあると思う。ただ自らを分析し理解するという段階に止まりつづけているということは結局、「その先の行動に勇気を持って踏みだす」ことを何とかして避けるという目的を達成するために自らが作り出している作業に過ぎないのだ。要は言い訳だ。

このブログは私自身が〝人生の嘘〟をつかずに、エネルゲイア的人生(簡単に言えば今この瞬間のみに集中して生きる、ということ。)を歩み、その軌跡を残しておくというものである。勿論これを書くことと私が生活の中で勇気を振り絞ることはなんの関係もないわけであるから、ブログとして残したところで私が救われるということは絶対にない。それではそんなブログを書く理由はどこからきたのか?

それは今までキーネーシス的人生を歩んできた人、臆病で自分を受容しあらゆる物事と正面から向き合うことから逃げてきた人、不幸な人・・・等勇気を必要とする多くの人に、弱い私(ブロガー)が時に悲しみながら、時に勇気を折られそうになりながらも何とか勇気を出して前へ進もうとする姿を見てもらい(読んでもらい)そのような人たち(ブロガーはその権化のような存在だが)にとってどんな小さいことでも良いから勇気を奮いおこすきっかけとなってくれれば、というささやかな願いからである。
勿論どのような記録をつけることになるかはこれからの自分次第だし、その日記から何を見出すかは読者次第なので「ブロガーのそのような思いがある」ということのご報告。それ以上の意味はない。


今日を1日目とし、基本毎日更新する形をとろうと思う。


〝神よ願はくは変えられるものを変える勇気と変えられないものを受け入れる穏やかさとその両者を見分ける知恵を授けたまえ〟ー ニーバーの祈り